ホーム>よくあるご質問

よくあるご質問 Q&A

Q. 往診料は(マッサージ・リハビリ代)はいくらですか?
A. 福祉給付金資格者証または障害者医療証がございましたら 負担金は一切かかりません。

Q. 自己負担金が一割の人はいくらですか?
A. 一割負担の方は一回負担金が300円〜です。(マッサージ+機能訓料(リハビリ))の場合
鍼または灸+機能訓料(リハビリ))の場合は310円〜です
※初回のみ初検料160円必要

Q. 初回 開始する前に同意書が必要と聞いたのですが、どういうことですか?
A. 医師に同意書を記入して頂くと治療が保険適用となります。簡単な書式です(詳しくは当院にて説明致します)

Q. マッサージ・リハビリの時間はどれくらいですか?
A. 患者様の症状にもよりますが、約20〜25分の施術時間です。また、鍼や灸を加えた場合は25分〜30分の施術時間です。

Q. どのような治療法がありますか?
A. 麻痺があり関節の動きが制限されている場合、改善目的として手技療法として、JSAテクニックやAKA手技をします。又、腰、足、腕に、痛みや痺れがある場合、緩和目的で鍼治療をします。他に灸治療もあります。※JSAテクニックに関しましては勉強会のアイコンをクリックしてください。

Q. 介護保険と併用ができますか?
A. 健康保険(後期高齢者保険証や国民健康保険証・社会保険証)を使用します。介護保険との併用は可能です。

Q. 老人ホーム(特養)やグループホームに来てくれますか?
A. 訪問いたします。マッサージや鍼灸治療、リハビリを行い、機能の維持や回復を目指します。

Q. 歩行が困難で自由に外出できなくて困っているんですけれど利用できますか?
A. かかりつけ医師の同意書(簡単な書式で用紙は当院でご用意しております)があれば利用できます。
なお、これはすべての患者様に共通となっております。

Q. 以前、脳卒中になり今でも麻痺が残っています。リハビリは必要ですか?
A. 麻痺した側の関節を鍼灸、マッサージ、JSAテクニックで施術することにより関節の動きを良くし、生活レベルを向上させます。また、必要に応じて運動法・歩行訓練なども加えていきます。

Q. むくみ(浮腫)があるのですがマッサージやリハビリの効果はありますか?
A. リンパマッサージ(むくみとりマッサージ)をし、それと併用して足の筋力増強訓練を行います。電気温灸を併用しますと、血流改善を促しますので、より効果的です。

Q. パーキンソン病にはマッサージやリハビリは効果がありますか?
A. 筋肉が硬くなっている方や手の振るえなど、色々な症状が出てきます。 個人差がありますが、進行を遅らせたり生活レベルを向上させることは可能だと思います。特に鍼治療、JSAテクニックを併用しますと自律神経を安定させて筋肉の固縮を緩和します。

Q. リウマチ(膠原病)には、どのようなことをするのですか?
A. 免疫の異常により、骨や軟骨が壊れて関節が動かせなくなることに対して、JSA手技を使い関節包内運動を行うことにより、関節を動きやすくします。

Q. 腰が痛くて歩けないんですが・・・?
A. いろいろな原因が考えられるため一概には言えませんが、当院では始めに筋肉のこわばりを取り、骨盤のずれを矯正し筋力訓練を行います。又、強い腰の痛みや足の痛み、痺れに対しては、マッサージより鍼灸治療が効果的です。
ページの上へ

*当院ではマッサージだけでなく、患者様に合わせ座位訓練・起立訓練・走行訓練・痛みの緩和などを取り入れて、施術しております。又、肩、首、腰、膝、など 関節の痛みや痺れに対して、東洋医学であるマッサージ、指圧、鍼、電気温灸は効果を期待できます。